注意が逸れやすいのは目の動きが関係している!?

皆さんこんにちは、作業療法士の春斗です。

今回は目の働きについて【眼球運動】【中心視】【周辺視】の視点から解説していきます。

日常目をどうやって使ってるかなんて気にしていないと思いますが、これを読んで子どもがどのように世界を捉えているのか知っていきましょう。

眼球運動

まずは目を動かすときにどんな筋肉を使っているのか整理していきましょう。

使う筋肉は上直筋・下直筋(目を上下に動かす)内側直筋、外側直筋(目を内、外へ動かす)上斜筋、下斜筋(目を回転させる)です。

つまり目の動きだけで右を見る場合は

右目→外側直筋、左目→内側直筋が働いて、

下を見る場合は両眼とも下直筋が働いていることになります。

協調運動が苦手な子で眼球運動も苦手な子が多いですが、それは眼も色々な筋肉を視る方向に合わせて協調的に動かしているからです。


それではさらに細かく5つのポイントから目の働きを見ていきましょう。

①衝動性(しょうどうせい)眼球運動

対象の動きにあわせて素早く視点を移動させることです(いわゆる動体視力)。

電車に乗っている時、なんとなく外を見ているとサーっと景色が流れていきますが、特定のものに焦点を当てたら見ることができるのはこの働きによります。

苦手だとどんな事に困るか

板書に時間がかかる、速いボール(ドッジボールなど)に反応できない、本読みが遅いなど

支援

○環境調整(一回に提示する情報量を減らす、見本は上がいいのか横がいいのか、色を変えたり線を引いたりしてどこを書いたらいいのか明確にするなど)

○本人が反応しやすいスピードから行う

○瞬時に視点移動が伴う活動を取り入れる


②滑動性(かつどうせい)眼球運動

対象の動きに合わせてゆっくり視点を移動させることです。

苦手だとどんな事に困るか

○視点を固定化することが苦手なため注意が移りやすい

○本読みでズレることがある

○じっくり見ることが苦手なためパパっとみて書き写しミスが多くなる

支援

環境設定(書く時間を長めに取る、量を減らす、視覚提示をする時はゆっくりとなど)

風船やシャボン玉の活動をする中で持続的に見る力を高める

※ここみて!と言って注意を引きつけるよりも、本人の興味のある活動で目の動きを引き出していきましょう。

日常的に遊んでいることも少しやり方を変えるだけで目の動きの練習になります。(ミニカーを走らせる、ビー玉転がしをする、指人形で遊ぶ、トランプで遊ぶなど)


③前庭性(ぜんていせい)眼球運動

前庭感覚の記事でも眼球運動について少し触れているので、見ていない方はどうぞ。

前庭感覚は揺れや傾きを感じる感覚でしたね。頭を傾けた時に目も一緒に動かないのはこの働きのおかげです。

困りごと、支援については前庭感覚の記事をご覧ください。


④視機性(しきせい)眼球運動

目の前で文字が書かれた紙(もしくは今読んでるこのブログ)を横に振ってください。文字が読めないと思います。

ですが反対に紙、もしくはスマホを動かさず頭のみを動かしてください。正確ではないにしろ文字を認識できるはずです。これも目の働きによるものです。

子供が物や文字を捉えにくい時、どのように目を動かしてるのか観察してみるとヒントが隠れているかもしれません。

https://www.forcise.jp/

⑤輻輳(ふくそう)、開放

https://www.rakuten.co.jp/

近くの物を見る時が輻輳遠くの物を見る時が開放です。輻輳は聞き慣れないと思いますが簡単に言うと「より目」です。

立体的に物を捉えるのに必要なのは「開放」の力なので、これが未熟だと、大きい小さい、長い短い、図形や平仮名、漢字の模写などに影響があるかもしれません。

子供がどの程度の距離だと認識しやすいのか把握しておく必要があります。

中心視と周辺視

中心視とはいわゆる「ピントを合わせる」ことです。それに対して周辺視はピントを合わせた時にまわりがボヤーって見えている状態のことです。

スマホを見ている時はスマホに焦点をあて、人と話す時は人に焦点をあてるなど無意識のうちに調整しています。

自閉症や多動、不注意が強い子の場合、【周辺視】を感じる力が高く【中心視】で捉えることの苦手さがあります。

周辺視が強いということは、見えてる景色全てが同じような強さで目に入ってくるということです。だからすぐ注意が逸れるし、なんでそんなの覚えてるの?なんでそんな難しいパズルができるのってことがあるんです。

よく挨拶の時に「目を見なさい」って言う事があると思いますが、これももしかすると大人が気付いていないうちに周辺視の働きによって相手を認識しているからかもしれません。

自分の中では視ている感覚なのに、大人から「見なさい!」と言われたら「ちゃんと見てるのに・・・」と思ってしまうかもしれません。

中心視が弱いということは細かな違いに気付きにくいということです。だから相手の表情の変化に気付きにくい、細かな図形、文字の違いが分からないなどの事が考えられます。子どもが注意を向け続けられるような遊び、支援が必要になってきます。

おわりに

以上眼球運動についての解説でした。

視る力の大切さについて少し知ることができたでしょうか。

ですが絶対にやらないでほしいのが【視ることを強要すること】です。

途中でも書きましたが、「ここをみて!!」「なんでみないの!!」と強い口調で言うのではなく、遊びや学習の中で子どもが自然と視れるよう環境を整えていきましょう。そして苦手なことをする時は必ず好きなことを加えながら行いましょう(好きな人形、ミニカー、風船、ボールなど)。子どもによってどのようにしたらいいのか変わるので、詳しく聞きたい方はご相談下さい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

次回は療育施設のホットペッパー化について今考えていることをまとめようと思っています。それについて皆さんに意見を求めることもあると思うので、その時は協力して下さると嬉しいです。

Twitterでの相談もお待ちしております。

書ききれなかったこと、書き忘れたこと、質問も随時更新していくのでフォローもよろしくお願いします。

Twitter:https:/twitter.com/@haru__OT

おすすめ書籍

感覚統合についてはこの2冊を読めばおおまかに理解することができます。この本があるだけで感覚について相談頂いたときに話しやすいので是非。

乳幼児期の感覚統合遊び 保育士と作業療法士のコラボレーション [ 高畑脩平 ]価格:1,760円
(2020/10/5 22:36時点)
感想(3件)
【送料無料】 感覚統合Q & A 子どもの理解と援助のために / 石井孝弘 【本】価格:3,300円
(2020/10/5 22:36時点)
感想(1件)

応用行動分析(ABA)ってよく聞くけどよく分からない、本が多すぎて選べないという方におすすめです。言葉はどのように獲得されるのか、ジェスチャーを獲得するにはどうしたらいいのか、自閉症の子どもとどうやってコミュニケーションを取ったらいいのか悩んでいる方に見て欲しい本です。(個人的には2の方が分かりやすい)

家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30

家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30 自閉症の子どものためのABA基本プログラム2 (学研のヒューマンケアブックス) [ 井上雅彦(心理学) ]
家庭で無理なく対応できる困った行動Q&A 自閉症の子どものためのABA基本プログラム4 (学研のヒューマンケアブックス) [ 井上雅彦(心理学) ]価格:2,090円
(2020/10/12 23:13時点)
感想(0件)
自閉症は津軽弁を話さない 自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く / 松本敏治 【本】価格:1,980円
(2020/10/12 23:12時点)
感想(0件)

遊具

【代引・送料無料】プレミアム おりたたみロングスロープ キッズパークノナカワールド NONAKA WORLD 大型遊具 室内ジム (4792)(4793)(4794) 野中製作所 ネビオ価格:24,979円
(2020/10/5 22:42時点)
感想(5220件)
あそびが運動!折りたたみブランコ鉄棒 おもちゃ こども 子供 知育 勉強 遊具 室内 3歳価格:10,500円
(2020/10/5 22:57時点)
感想(5件)
バランスストーン 子供用 平均台セット バランスボード 運動不足解消 体幹 トレーニング 滑り止め 室内遊具 安全 スポーツ 幼稚園/家価格:6,518円
(2020/10/5 22:58時点)
感想(0件)
トランポリン 家庭用 ゴムバンド式・折りたたみ 92cm エアロライフ ホームジャンピング 家庭用 大人 子供 誕生日 プレゼント エクササイズ おりたたみ ミニ 小型 有酸素運動 室内 静か 安全 カバー コンパクト ストレス解消価格:9,980円
(2020/10/5 23:01時点)
感想(455件)
ボールハウステントセット ボール 350個付 ボールハウス トンネル ボールプール おしゃれ カラフル テント 家 自宅 室内用 キッズテント キッズスペース パピー 6175 誕生日 プレゼント 誕生日プレゼント おもちゃ 室内 送料無料価格:10,980円
(2020/10/5 23:04時点)
感想(12件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です